2020年7月24日追記:6月3日、閉店しました。

高松市仏生山町のアジールへ、ランチに行ってきました。

普通に車で走っていると見落としてしまいそうなぐらい、ささやかな看板です。
仏生山の景観に配慮して、なんでしょうか。美学です☆

北から車で行くなら、仏生山コミュニティセンターを目印に。

右側にこれが見えたら、アジールはすぐ左にあります。

駐車場は店の目の前(南側)にありますが、いっぱいのときは第2駐車場へ。

アジール 仏生山 メニュー

メニューです。まずはランチから。

アジール 仏生山 メニュー(最新版)

ドリンクがサービスになってました。
実は6月(2019年)にも行ってまして…

アジール 仏生山 メニュー(旧版)

当時、ドリンクは+200円でした。
このメニュー変更は、アジールの公式サイトにもまだ反映されてない(2019年8月15日現在)ので、上のメニューが最新版ということに…(笑)
仏生山は人気の観光スポットなので、ドリンクぐらいはサービスできるようになったんでしょうか。

ディナーのメニューです。

これは公式サイトと同じ(ただし、あちらは価格非表示)。
けっこういい価格なので不用意にステーキのページを開くと、目ん玉飛び出ます。わたしがそうでした。
そんなときは、落ち着いてメニューを閉じましょう(笑)

アジール 仏生山 ランチ

ランチについては、デザート・ドリンク付きで1,500円~と本格フレンチの割にはリーズナブルなコースもあります。
今回はランチの違いを見るために、わたしがアジールランチ(1,500円)、妻が贅沢レディースランチ(2,800円)にしました。

アジールランチは、サラダ付きの前菜です。

レディースランチは、前菜盛り合わせ。

もちろん、アジールランチとかぶっている前菜もありますが、微妙に盛り付けが変わっていて、同じものという印象は受けませんでした。

スープは、どちらもカボチャのポタージュでした。

シナモンのパウダーかな?しっかりした香りがありました。
あと、どうやって作っているのか分かりませんが、深いコクがありました(カボチャなのに…)。

選べるメインは、ハヤシライスかカレーハンバーグのどちらか。

カレーハンバーグ

もちろん肉を選択。
お箸を入れた瞬間、肉汁じゅわーっとなりました。
カレーソースは肉の旨みを邪魔しないやさしい辛さで、ちょうどよかったです。

レディースランチのメイン魚料理は、鯛(?)のムニエル。

ふんわりしていて美味しかったです(ちゃっかり味見している…)。

肉料理は、牛ヒレ肉のステーキ。

口当たりが軽いのに、肉の旨みも存分に味わえました(これも食べてる…)。

デザートは、マンゴーココナツのババロア。

レディースランチは、これに洋梨のソルベも付いてました。

ひとつひとつが丁寧に作られていて、どれも美味しかったです。
本当にこんな価格でいいの?と思ってしまうほど…。

わたし達は日曜に行きましたが、予約なしだと入れないぐらい混んでました。土日祝は予約した方が安心かも。

以上、仏生山周辺で本格フレンチのランチを楽しみたいなら、アジールがおすすめです☆