淡海 高松市

またか・・・と言われるかもしれませんが(^^;)

高松市の淡海に行ってきました。

 

さすがに1週間も空けずに行くと、店員さんにも覚えられます(笑)

店員「いらっしゃいま・・・、あれ??」

 

なぜ行くのかと問われたら、「そこに牡蠣があるからだ」ということで。

カキのみそ焼き

今回、単品の注文はカキのみそ焼きにしました。

写真で見ても、牡蠣の大きさが伝わるんじゃないかと・・・。

大きいだけじゃなく、濃厚な旨みもすごいんです(また言ってる)。

 

あと昨日は日曜だったので、普通にカキフライ定食も食べました。

カキフライ定食

カキフライ定食の重要な点は、小鉢が付いているということです。

 

ここの定食は、和定食と洋定食があります。→淡海 高松 メニュー

で、和定食には小鉢が付きますが、洋定食には付きません。

ここの小鉢はちゃんと作っていて、本当に美味しいんです。

みそ汁もそうですけど、たぶん化学調味料や○○エキスなんかを使ってなさそう。

自然な旨みと意外性のある食材が使われていて、毎回ちょっと楽しみにしています。

 

そして、上記のカキフライ定食に戻りますと、小鉢が付いています。

 

 

・・・つまりカキフライは和食ということです。

 

カキフライ定食を頻繁に注文する僕ら夫婦としては、これは良いことなのでお店では黙っています(笑)

エビフライは洋定食であっても、カキフライは和食、その通り。

 

本題に戻ります。

カキフライ

牡蠣です。

フライも、めっちゃデカい。

小さな牡蠣を2個くっつけて大きく見せているわけではありません。

1個のカキフライが1個の牡蠣でできています。

しかも手前にあるタルタルソースと奥にあるソースのどちらでも楽しめます。

最初1~2個はタルタル、ちょっとソースに浮気して、最後の1個は残ったタルタルを山盛りのせて食べる、それがわたしのお決まりのコースです(どうでもいい)。

 

というわけで、牡蠣につられて香川グルメの穴場、高松市の淡海に再び行ったというお話でした。








にほんブログ村 グルメブログへ

RSS