海寶 高松

今日のお昼は、高松の『海寶(かいほう)』に行きました。

11:30オープンなんですが、11:20の時点ですでに何台か車がきてました。
今日は日曜なので、まあいつものことです(笑)。
毎回こんな感じになるのと、駐車場が狭いこともあって、ここに来るときは出る時間を逆算して、朝の割と早い段階で出発の準備を始めます。
間に合わなさそうなときは「やめとこう」となることも・・・。


注意事項としては、着いたら店の前に出ている紙に名前を書くことです。
店の前に並ばなくても、店員さんはちゃんと紙に書いてある名前順に注文を取ってくれます。
名前さえ書いていれば・・・。

今日は特に寒かったこともあって、名前を書いた後、車の中で待っている人がほとんどでした。
そこへ車(A)が1台きて駐車場に停め、中の人は名前を書くことなくそのまま車内で待っていました。おそらく他の人が並ばずに車内にいたので、そういうもんだろうと思ってしまったんじゃないかと・・・。
そこに、もう1台の車(B)がやってきました。Bはそのまま店の前まで進み助手席の人を降ろし、その人は紙に名前を書いてしまいました。
Bが駐車場に停めている間に、Aから人が降りてきて名前を書いていましたが、けっきょく、注文はB→Aの順番になってしまいました。
ここは駐車場が停めにくいこともあって、駐車してから名前を書こうとすると意外と時間がかかってしまいます。それで、常連さんはBのような動きをするんですが、今回に限らずAのような不運な目にあう人を何回か見たことがあります。
多少の差ではありますが、 海寶に行かれる際は、まず名前を書くということにお気をつけください。


さて、そんなめんどくさいことをクリアしつつ、 海寶 でランチです。

窓際の席なら、外の景色も楽しめます。

まあ、ため池ですがね(^^;)


メニューはこんな感じ。

ドリンクメニューもけっこうあります。

海寶は居酒屋さんでもあるんです。


話は戻って、今日のランチの注文。
わたしは、「海鮮丼」にしました。

副菜がなくシンプルですが、鮮度は抜群で少しですがウニもイクラもあります。
これで1,000円は安い。


ちなみに、+350円で茶碗蒸し、小鉢、サラダが付けられます。
だいぶ前の写真ですが・・・。


でも実は今回、本当に食べたかったのは「まかない丼(650円)」なんです。
以前食べたとき、刺身がテンコ盛りで本当に美味しかったです。
ただ、刺身の端切れを使った丼なので、オープン直後は「まだありません」となることが多いんですが。


妻は、鯛めしにしてました。

ここの鯛めしは炊き込みではなく、いわゆる宇和島鯛めしです。

鯛の刺身に出汁がかかって、うまい。


いつも通り、ちょっと足りないので「舌平目の煮付け」も。

香川のグルメって感じですね。


ここのおすすめは、海鮮丼とかエビの天丼あたりでしょうか。
しょう油も海鮮丼に合わせて、プッシュ式です。

どばっと出ないのが安心♪


あと、ここの特徴としては、JR古高松南駅の目の前という立地もあります。
駐車場は狭いですが、居酒屋としてはなかなかいい場所にあります。


車で行く場合はちょっと不便なこともありますが、オープン10分前ぐらいならなんとかなりますし、間に合わなさそうなら第1波が過ぎた12:20~ぐらいが狙い目です。
その頃なら、まかない丼もできるかも・・・。


以上、香川グルメの穴場、高松の『海寶』に行った話でした☆











にほんブログ村 グルメブログへ

RSS