先日、海寶に行ったとき(→海寶 高松)に「あのかわいいお店に行ってみたい」と妻が言っていたのが、高松の屋島にある『ボンボニエール(Bonbonniere)』です。

ボンボニエール 高松 駐車場

高松のボンボニエールの駐車場は、ここにあります。

かわいい店の入り口は、道(県道155号)からも見えますが、駐車場はけっこう奥。
ボンボニエールと「魚夏」の間の道に入っていき、①突き当たったら右、②突き当たったら左、③突き当たったら左、と進めば左側(南側)に駐車場があります(地図の通り、ヤシの木の手前で曲がっても大丈夫です)。

ボンボニエール 高松 駐車場

道幅はずっとこれぐらいですが、駐車場は7台までOK。
ここから川沿いの細い道を歩きます。

すると、地図にもある通り、店の西側にある「肉のヒガシハラ」の横に出られるので、近道になります。


ボンボニエールの中は、こんな感じ。

そんなに広くない店内に、焼き菓子が所狭しと並んでいます。
タルトやクッキー、マフィンにカヌレ・・・、焼き菓子のすべてがここにある!と思いました。


他には、紅茶やコーヒー豆など焼き菓子に合いそうな本格的な飲み物までありました。

カフェインフリーのルイボスティーまで置いてるところが、気が利いてますね~。


普通に並んでいる商品も、実は原材料にこだわってます。

なんか、こだわりの牛乳で作ったバターを使ったクッキーです。

クッキーの味付けに使っているコーヒーも無農薬栽培とか・・・。
こういうものを原材料に使っているので、もっと価格はぼったくれるはずなんだけど(笑)良心的な価格設定です。そこは、実はすごいところなんじゃないかと。


店の中にカフェスペースもあって、パフェなどが注文できるみたいです。

これと同じようなカウンターがもうひとつと、二人用のテーブルがありました。


パフェは、テイクアウトもできます。


今回初めて行きましたが人気のお店みたいで、すぐ店内がお客さんでいっぱいになりました。

すれ違ったり、ゆずり合いながら買い物を済ませます。


結局、わたしはチョコレートマフィンとクッキーチョコレートを。

妻は、焼き菓子をいろいろと買っていました。

わたしは、最初チョコレートマフィンだけにしようと思っていたんですが、店内を歩いていると「ヴァローナ」の文字が目に入り、 クッキーチョコレートも買うことにしました。

食べてみると、なんかチョコの味が薄いような・・・。
ヴァローナのチョコの量が少ないんだろうか、と原材料を見てみると・・・!

んん?チョコレートの表記すらない・・・。
どういうことかと店内で撮った写真を確認すると

・・・なん・・・だと・・・。
ヴァローナのカカオパウダーってそんなに有名なのか・・・?
ヴァローナといえばチョコレートとしか思ってなかった。
買ったときは「クッキーチョコレート」と「ヴァローナ」の文字しか見てなかった、ということか・・・(^^;)。
いや、まあいろいろ知った上で食べてみると、サクサクしていてけっこう美味しいクッキーなんですが(いや、ほんとに)。
原材料も高千穂の発酵バターとか国産の小麦粉とか、けっこうこだわっているみたいだし。

そして、チョコレートマフィンの方もそんなに甘くなくて、チョコはさっくり、ラズベリーがほどよく効いてました。
中にもラズベリーがたっぷり入ってます。

中のプチプチ(ラズベリーのタネ?)が、いい食感を作ってました。
ジャムにしているみたいです。

これも原材料に木次牛乳とか、さりげなく書いてますね。
さすが、春日水神に焼き菓子を置く店。


わたしはスイーツは詳しくありませんが、スイーツ特に焼き菓子好きな妻が「また行きたい」と言っていたので、 高松ではボンボニエールはいい店なんじゃないかと思います。
原材料にこだわっている割に、価格が控えめなのもいいですね。
香川にある焼き菓子のお店の中では、特に健康志向なグルメの人に喜んでもらえるんじゃないかと思いました。